【2020年8月25日】アンチ勢を大切にする

アンチ勢を大切にする。

これだけを見るとちょっと意味不明かもしれません。詳しく書いていきます。


アンチ勢を嫌う人は多いと思います。

だって嫌な思いをするし、なんてったってめんどくさいですよね。

自分も昔はそうでした。ほんとにめんどくさくて、どうやって排除するかしか考えてなかったです。

少し考え方を変えるまでは。


アンチ勢に対する考え方が変わったのは確か2年前ぐらいでした。

アンチ勢がいてくれたからこそ、今があるんだなとふと思い、アンチ勢について深く考え込んだ時期がありました。

アンチのおかげであの時に悩んだ、考えた、なんとかしようと思った。

その瞬間って多分、人として考え方などが成長している時なんだと思う。

自分の言うことを聞かない人や批判してくる人を組織から排除しようとする人がいる。

気持ちは分かる。

しかし、そこで本当に排除しても良いのかよく考えてみてほしい。


アンチ勢がいるからこそ組織は成長できるのではないだろうか。

これについては様々な意見があると思うが、自分はアンチ勢を大切にしたいと思う派です。

アンチ勢により、違った視点からの問題が見えるようになる。

それを問題と思わなければ意味がないのでそう言う場合は好きにすれば良いと思う。

しかし、本気で会社のため、組織のため、自分自身の成長を思うのであればアンチ勢の言うことについて深く考えるべきである。

勝手なイメージや好き嫌いで判断するのではなく、ちゃんと意見を受け入れてからその意味をよく考えてみてほしい。


アンチ勢がいたら雰囲気が乱れて職場環境によくない。おっしゃる通りです。

組織のベクトルが合わなければ目標を達成できない。おっしゃる通りです。

しかし、もっと違った目線で考えたらどうだろうか。

これは自分の体験談と個人的な考え方なのであまり参考にならないかもしれないが、大きく的を外しているとも自分では思えない。

この考えを変えるつもりはない。もっと経験を重ねて答えを出して行こうと思う。

投稿者: kubosuke

ブログ初心者です。 まずは継続させることに重点を置いて頑張ります!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。